リビング
アレルギー性鼻炎改善ナビ|原因と対策をご紹介! > アレルギー性鼻炎・花粉症には鼻うがいがおすすめ

アレルギー性鼻炎・花粉症には鼻うがいがおすすめ

アレルギー性鼻炎や花粉症の症状は、アレルゲンが体内に入ることで起こるものです。鼻うがいをすると鼻の奥に侵入した花粉やウィルスなどを洗い流すことができますので、症状の緩和や予防の効果が期待できます。ぬるめの食塩水や専用の洗浄籍を使えば、つんとした痛みもなく簡単にできますので、毎日のケアにとりいれるのがおすすめです。

どうしてアレルギー性鼻炎になるの?メカニズムをご紹介

ウィルスのイメージ

人間の体には、ウィルスなどの異物が侵入すると防御反応を起こして身体を守ろうとする免疫機能が備わっています。空中を舞っているハウスダストや花粉などが身体に入り込むと、免疫機能が働きて異物(抗原)と認識します。すると体内で生成されるのが、IgE抗体と呼ばれるものです。IgE抗体は肥満細胞と結合し、蓄積していきます。
次に再び同じ抗原が侵入すると、肥満細胞と結びついたIgE抗体は、ヒスタミンなどのアレルギー誘発物質を放出。これがくしゃみや鼻水、鼻詰まりといった反応を起こします。この免疫機能が過剰に働き、さほど有害でない花粉に対しても過大な反応を起こすことがあります。これがアレルギー性鼻炎と呼ばれるものです。

マスクをした男女の人形

アレルギー性鼻炎には、年間を通して起こる通年性ものと、決まった季節に起こるものとがあります。この季節性のアレルギー性鼻炎を指して、特に花粉症と呼んでいます。通年性のアレルギー性鼻炎の主な原因はハウスダストと言われており、花粉症はもちろん花粉が原因です。花粉症に悩むひとの半数はハウスダストにも反応を起こしてしまうと言われており、年中アレルギー反応に悩まされることも珍しくはないようです。

アレルギー症状を起こすと、風邪と似ている症状もあるため間違えられることがあります。しかしアレルギーによる鼻水はサラサラとしているのが特徴で、風邪の場合は最初はサラサラしていても次第に粘性のあるものに変わっていきます。またアレルギーではくしゃみはひっきりなしに出ることがありますが、風邪ではそこまで激しいくしゃみが出ることはあまりありません。アレルギーか風邪なのかを見分けて対応することが必要です。

鼻うがいでアレルギー症状の緩和と予防を!

鼻うがい用の水

アレルギーの場合は、アレルゲンに接しないことが一番の予防法となります。室内はこまめに掃除をし、カーテンやソファなどは粘着ローラーをかけることも効果的です。花粉症であれば、外出時にはメガネやマスクを着用して、室内に入る時には全身をしっかりはたいて室内に花粉を持ち込まないことが大切です。また、鼻うがいも、鼻の奥に入り込んだハウスダストや花粉を洗い流すことができますのでおすすめ。ただし、鼻うがいは正しやり方をしないと痛いことがありますので注意しましょう。

正しい鼻うがいのやり方のポイントは、水温と食塩を使用することのふたつです。水温は28℃程度のぬるめにし、食塩を水に少し溶かしましょう。塩水を使うと痛いのではと心配される方もいるかもしれませんが、実は水道水などをそのまま使うほうがツンとした痛みがあります。また、鼻うがい専用の洗浄液も販売されていますので、それを使うのも良いでしょう。

方法としては、洗面所で少し顎を引いてうつむき加減の体勢をとります。そして片方の小鼻を抑え、もう片方の鼻からコップの水を吸い上げましょう。最初は少し勇気がいりますが、慣れるとスムーズに吸い込めるようになります。吸い上げた塩水は、口からだしましょう。ただし、口から出すのは少しコツがいりますので、慣れるまではもう片方の鼻の穴から出すのでも構いません。これを3回から4回繰り返し、最後にすっきり鼻をかむと鼻うがい完了です。

コップを使う方法以外にも、長いノズルのついた鼻うがい専用器も市販されています。鼻うがい器を使うと、効率的に楽に吸い込むことができます。鼻うがいは、アレルギー症状の緩和や予防のほか、ウィルスを洗い流すため風邪の予防効果も期待できます。